社長の教科書 小宮 一慶 (著) を読んでみた

女臣香日記
08 /02 2010
社長の教科書―リーダーが身につけるべき経営の原理原則50

社長の教科書よみました。

女臣香もなにげにいち事業者でつから。

今はFREEをよんでまつ。

社長の教科書、リーダーの教科書とか読んでると、会社のビジョンとか、
仕事のやりがいとかそういうのってお給料をあげることよりも大事だったりするんだ~っておもいます。

社長の教科書では会社のビジョンとか方針、経営理念みたいなものをしっかりもって
それにのっとって経営していくことが大事であるってかんじで、
その辺がしっかりしていない会社は社員もそだたないし、会社として長く続かないよっていう。

そんな感じのないよう。

ちょっと儲かったからって、ベンツとか私利私欲に会社のお金を好きなように使ってるようじゃ、人は付いてこないっていう。社員に『がんばって働いたお金が社長のベンツになるとおもうと馬鹿らしくてやってられない』なんていわれちゃどうしようもないと。

カルロスゴーンが役員報酬8億とかもらってることってそんなに高いっておもわないよ。

だって中小企業の社長でも普通に1億以上年収あるひといっぱいいるし。

女臣香もそれくらいもらいたい!

でも社員にちゃんと働く意義とやりがいを持たせて見合った報酬をしはらうっていう上で。


会社のビジョン、ちゃんと語れるようにならないとなぁ。


と、思ったほんでちた。

googleとyahooの検索エンジンが一緒になること。

女臣香は大歓迎。


初心者さんが稼げるようになるには厳しい時代になりまつが。

積み上げがたのつくりかたしてきた人は。。。


たなぼたかも。


売り上げが2~3倍になったりして。

ウヒ。
スポンサーサイト

女臣香

女臣香のブログ読んでくれてあ⌒㌧です゚・:,。☆тндйк(人o-∀')

女臣香

メルマガとか情報商材とか携帯アフィリとか色々ある㌔、いちばん好きなのはブログアフィリだと女臣香は実感してまつ。どんな作業が好きで続けられるか?はアフィリやる上で大事でつ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。